‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

10月5日(金)~2019年01月14日(月祝) アーツ前橋「岡本太郎と『今日の芸術』 絵はすべての人の創るもの」

2018 年 10 月 12 日 金曜日

《太陽の塔》やTV・ラジオ出演などを通して文化的アイコンとなった岡本太郎。彼は戦後に数多くの芸術論を残し、とりわけ1954年の著作『今日の芸術』は、創造的に生きるための入門書として、美術書としては異例のベストセラーとなりました。

太郎は本書において、「芸術は万人によって、鑑賞されるばかりでなく、創られなければならない」と述べました。自分たちの感性で芸術に触れ、自分たちの手で文化を作り上げていくことを訴えかけたメッセージは、同時代の若者や芸術家を挑発しました。

本展では、太郎が『今日の芸術』以降、戦後社会に与えたインパクトを検証します。岡本太郎の作品・映像資料のほか、彼に刺激を受けた芸術家たちの作品を通し、今もなお私たちを鼓舞する太郎の思想を読み解きます。

2018年3月には、前橋・広瀬川河畔に《太陽の鐘》が設置されました。「森羅万象が叫ぶような、あらゆる音を立てる*」鐘とともに、岡本太郎の世界を体感してみませんか?

【期  間】 2018年10月5日(金)~2019年01月14日(月祝)

【開館時間】 11:00~19:00(入場は18:30まで)

【休 館 日】 水曜日、年末年始(12月28日(金)~1月4日(金))

【観 覧 料】 一般 600円 / 学生・65歳以上・団体(10名以上) 400円 / 高校生以下無料

【会  場】 アーツ前橋 TEL:027-230-1144
詳しくはアーツ前橋HP⇒http://www.artsmaebashi.jp

10月27日(土)~2019年01月20日(日) 前橋文学館「この二人はあやしい」

2018 年 10 月 12 日 金曜日

芥川龍之介と萩原朔太郎。小説と詩というジャンルの違う文学者であった二人ですが、芥川が亡くなるまでの数年間は、近所に住むなど、交流がありました。

今回の企画展ではそんな二人が多く残したアフォリズムを取り上げます。同じ主題で書かれた芥川龍之介と萩原朔太郎のアフォリズムから、そこに現れる二人の違いや共通点などを、二人の交流エピソード等とあわせて紹介します。
また、昨年に開催して好評だった「『月に吠えらんねえ』展」の続編として、「『月に吠えらんねえ』龍くんと朔くん篇」を同時開催します。今回も多くの複製原画のほか、清家雪子さんによるオリジナル作品も紹介いたします。

期 間:2018年10月27日(土) ~ 2019年01月20日(日)

会 場:2階展示室・3階オープンギャラリー

〈2階企画展示室〉 芥川龍之介と萩原朔太郎 ―アフォリズムにみる5つのターム―
〈3階オープンギャラリー〉 『月に吠えらんねえ』龍くんと朔くん篇

時 間:9時〜17時 ※入館は30分前まで

観覧料:一般400円(朔太郎展示室もご覧いただけます)、3階オープンギャラリーは無料、高校生以下・障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料。

お問合せ:前橋文学館・027-235-8011

詳しくはHP→前橋文学館

 

10/20(土)・27(土)前橋観光コンベンション協会 (前橋フィルムコミッション)支援作品OA情報

2018 年 10 月 1 日 月曜日

NHK総合テレビ 土曜ドラマ「フェイクニュース」の撮影が前橋市内で行われました。是非ご覧ください

【概要】

NHKドラマ初主演北川景子x NHKドラマ初執筆野木亜紀子の超強力タッグ!!

「全てが真実になり、全てが真実でない時代だ」

“フェイクニュース”との戦いに挑む社会派エンタメドラマ

誰もが個人で情報発信できる時代——。始まりは中年男性がSNSに投稿したつぶやき。嘘か真か、その投稿がきっかけとなり、フェイクニュースが飛び交う。誰が何の目的でフェイクニュースを作っているのか
人々はどんどん感情的になり、事態が思わぬ方向へと拡大していく中、ネットメディアの女性記者が事実を追い求め、孤軍奮闘する。果たして、彼女はフェイクニュースが溢れる世界で、事実をつかみ、伝えることができるのか。嘘が溢れ、誰もが何を信じていいのかわからない時代に、どう立ち向かっていくのか

今、世界中で話題のフェイクニュースを切り口に、「真実と嘘」、「分断」、「人は何を信じるのか」という普遍的なテーマを、エンターテインメント性豊かに描きます。真実が価値を持たなくなり、規範を失ってしまった現代社会に警鐘を鳴らす社会派エンターテイメントドラマを制作します。

【放送日】1020() NHK総合  土曜ドラマ 前編 夜9:00

【放送日】1027() NHK総合  土曜ドラマ 後編 夜9:00

【作】 野木亜紀子(「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」など)
【音楽】牛尾憲輔 (映画「モリのいる場所」「サニー/32」「聲の形」など)
【出演】北川景子 光石研 永山絢斗 矢本悠馬 / 新井浩文 岩松了 杉本哲太 ほかの皆さん
【制作統括】土屋勝裕
【プロデューサー】北野拓
【演出】 前編:堀切園健太郎  後編:佐々木善春

【作品ホームページ】 https://www.nhk.or.jp/dodra/fakenews/

【市内ロケ地】前橋市内、群馬会館、中央アーケード内

 

9/30(日)まえばし赤城山ヒルクライム中止のお知らせ

2018 年 9 月 29 日 土曜日

9/30(日)まえばし赤城山ヒルクライム大会は台風による荒天が予想されるため、
中止になりました。

公式HP
http://www.akg-hc.jp/

 

9/20(木) 赤城山の紅葉情報

2018 年 9 月 21 日 金曜日

赤城山の木々が色づき始めています。

今年の紅葉は例年より少し早いようです。

(写真は、9月20日(木)の大沼、覚満淵、鳥居峠の様子です)

「ワカサギ釣り」も解禁になっていますので、自然豊かな赤城山で週末を楽しんでみてはいかがでしょう。

また、赤城山頂付近の白樺牧場に5頭の羊がやってきました。

しばらく小屋の中で赤城山の環境に慣らしてから牧場に放牧されるそうです。

メェーメェーと鳴く声がとてもかわいいです。

周囲の山々を見渡せる絶好のロケーションに位置している「赤城山総合観光案内所」の駐車場から見られますので、ぜひ羊に会いに来てくださいね♪

■赤城山総合観光案内所
住  所:前橋市富士見町赤城山1-14
電話番号:027-287-8061
開館時間:9:00~16:00