10月27日(土)~2019年01月20日(日) 前橋文学館「この二人はあやしい」

芥川龍之介と萩原朔太郎。小説と詩というジャンルの違う文学者であった二人ですが、芥川が亡くなるまでの数年間は、近所に住むなど、交流がありました。

今回の企画展ではそんな二人が多く残したアフォリズムを取り上げます。同じ主題で書かれた芥川龍之介と萩原朔太郎のアフォリズムから、そこに現れる二人の違いや共通点などを、二人の交流エピソード等とあわせて紹介します。
また、昨年に開催して好評だった「『月に吠えらんねえ』展」の続編として、「『月に吠えらんねえ』龍くんと朔くん篇」を同時開催します。今回も多くの複製原画のほか、清家雪子さんによるオリジナル作品も紹介いたします。

期 間:2018年10月27日(土) ~ 2019年01月20日(日)

会 場:2階展示室・3階オープンギャラリー

〈2階企画展示室〉 芥川龍之介と萩原朔太郎 ―アフォリズムにみる5つのターム―
〈3階オープンギャラリー〉 『月に吠えらんねえ』龍くんと朔くん篇

時 間:9時〜17時 ※入館は30分前まで

観覧料:一般400円(朔太郎展示室もご覧いただけます)、3階オープンギャラリーは無料、高校生以下・障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料。

お問合せ:前橋文学館・027-235-8011

詳しくはHP→前橋文学館

 

投稿日:2018 年 10 月 12 日 金曜日