2020/11/13

日本学術会議「2022年度共同主催国際会議の募集案内」について

 日本学術会議では本年10月1日より、2022年度の日本学術会議共同 主催国際会議の募集を行っております。 概要は下記の通りとなりますが、開催支援として、会場借料等の一部負担や、 内閣総理大臣メッセージの取得、皇室御臨席の調整、日本学術会議会長等による 主催者挨拶を行っております。 現在、日本学術会議会員、連携会員、協力学協会宛てに募集案内を行っております。
【共同主催国際会議について】
 <概要>
 日本学術会議では昭和28年度以降、国内で開催され、学術研究団体が主催 する国際会議のうち、「学問的意義が高く」、「科学的諸問題の解決を促進する」 等、特に重要と認められる国際会議について、共同主催を行うことにより、学 術研究団体への支援・協力を行っています。共同主催国際会議は、閣議口頭 了解に基づき開催されており、例年、皇室の御臨席を賜る機会も得ています。
 <募集概要>
  1.共同主催要件
   ○国際学術団体(母体団体)が、国際会議の日本開催を決定したものであること。
   ○関係分野に影響を与え学術の振興に寄与するものであること。
   ○開催期間中、市民公開講座など会議の成果を一般市民に還元するプログラムを企画していること。
   等
    (※上記の要件に適合していると認められたものについてはヒアリングを実施し、 審査の上、候補の選定を行います。)
  2.申請手続き等
   ○申請書類受付期間:令和2年10月1日(木)~11月30日(月)[期限厳守・必着]
   ○申請書類提出先:〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
    日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当宛
     (TEL:03-3403-5731 FAX:03-3403-1755 E-mail:scj.kokusaikaigi.h5j@cao.go.jp)
  3.共同主催が認められた国際会議に対して日本学術会議が措置する内容
   ○会議開催前年度に閣議に諮り、閣議口頭了解を得た国際会議としての取り扱い。
   ○会議の開催にあたり、内閣総理大臣からのメッセージの取得。
   ○会議開会式における日本学術会議会長(又は副会長)の出席・主催者挨拶。
   ○会場借料(準備時間、控室等を除く)等について、その一部を予算の範囲内で負担。
  4.日本学術会議HP:共同主催国際会議の募集について◆
   http://www.scj.go.jp/ja/int/kaisai/entry.html
  5.問合せ先
    日本学術会議事務局 参事官(国際業務担当)付国際会議担当
    〒106-8555 東京都港区六本木 7-22-34
    (TEL:03-3403-5731 FAX:03-3403-1755 Mail:scj.kokusaikaigi.h5j@cao.go.jp)