‘写真展’ カテゴリーのアーカイブ

10/15(日)【月に吠(ハモ)る】~マンドリンのまち前橋~ 朔太郎音楽祭2017 開催!入場無料

2017 年 10 月 2 日 月曜日

大正6年に発刊した第一詩集【月に吠える】によって、日本における口語自由詩に不滅の金字塔を打ち立てた、本市出身の詩人【萩原朔太郎】。

朔太郎はマンドリンを愛していました。
彼とマンドリン音楽の融和を図り、マンドリンを前橋市の文化として定着させるべく、2006年よりより高度な演奏を目指し、活動を広げている【朔太郎音楽祭】。
今年は広く一般参加者も加わり、大編成のオーケストラをお楽しみいただけます!入場無料ですので、お誘いあわせの上、ぜひお出掛けください。
チラシPDFはこちら★

日時
2017年10月15日(日) 14:00開演(入場は13:00~) 
会場
昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)
【入場無料】
【前橋原風景写真展】同時開催 ~10月16日(月)
お問い合わせ ~マンドリンのまち前橋~朔太郎音楽祭実行委員会事務局☎027-235-8011(前橋文学館)

~マンドリンを愛した朔太郎~
彼は、前橋中学在学中に、開業医の父から貴重な輸入マンドリンを買い与えられます。その後、熊本五校を中退し、上京。東京でマンドリン指導者【比留間賢八】らにマンドリン・ギターを習いました。
やがて帰郷した朔太郎は詩作活動と並行してマンドリン音楽を作曲するなど音楽活動を行い、前橋で音楽愛好家を集め、【ゴンドラ洋楽会(のちの「上毛マンドリン倶楽部」)=群馬交響楽団設立母体のひとつ】を設立、再び上京するまでの10年間、指揮者として県内各地で熱心に音楽活動を行いました。
朔太郎は、群馬県におけるマンドリン音楽、ひいてはクラシック音楽の先駆者でもあったのです。

9/14(木)~21(木) 第37回前橋観光百景写真コンテスト入賞写真展

2017 年 9 月 4 日 月曜日

「第37回前橋観光百景写真コンテスト」で入賞した作品と、前橋フィルム・コミッションが支援したドラマやCMなどの撮影風景をご紹介します。
四季折々の風景や街並み、文化財などを題材にカメラにおさめた「前橋観光百景写真」や、ドラマ作りの裏側がのぞけます。ぜひ、お出かけください。
開催期間:平成29年9月14日(木)~9月21日(木)
(最終日は午後1時まで)
開催会場:前橋プラザ元気21 5階

9/16(土)・17(日)前橋カメラ部 第2回写真展【入場無料】

2017 年 8 月 7 日 月曜日

国登録有形文化財に登録されている前橋市芸術文化れんが蔵(旧大竹酒造れんが蔵)で前橋カメラ部の写真展が行われます。
テーマを群馬にそれぞれの感覚で、切り取られた風景をどうぞお楽しみください。知らなかった群馬の魅力が見つかるかもしれません♪

駐車場では、ネルドリップ珈琲や、卵・乳製品・砂糖不使用のお菓子、軽食などの販売をするカフェスペースもあり、赤色煉瓦のステキな蔵を眺めながら、ゆっくり過ごすことができます。
詳しくは→前橋カメラ部フェイスブックページ
チラシPDF

4/15(土)~7/2(日) 前橋文学館 萩原朔美の仕事展vol.1 観覧無料

2017 年 6 月 14 日 水曜日

平成28年に前橋文学館館長に就任した萩原朔太郎の孫「萩原朔美」は、映像作家、エッセイスト、写真家、演出家、俳優など多才な経歴を持っています。館長就任1周年を記念して、これまで制作に携わった映像・雑誌・オブジェとしての本、写真などが展示されます。

関連イベントとして行われる①一世を風靡した雑誌「ビックリハウス」創刊編集長だった萩原朔美と、「ビックリハウスSUPER」編集長だった榎本了壱による対談「ビックリハウス時代のビックリ話」や、②写真家・写真評論家の飯沢耕太郎との対談「時間を生け捕る」にも注目です。※ともに要事前申込

 

チラシPDFはこちらをクリック★

 

 

前橋文学館企画展 萩原朔美館長就任1周年記念
「萩原朔美の仕事展 vol.1」

会  期  2017年4月15日(金)~7月2日(日)
時  間  9:00~17:00
休館日  水曜日(5/3(水祝)は開館)
会  場  前橋文学館(前橋市千代田町3-12-10)
1階映像展示室、2階展示室、3階オープンギャラリー
観覧料  無料 ※常設展は有料(100円)
お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

関連イベントについて
①榎本了壱×萩原朔美「ビックリハウス時代のビックリ話」

日時 4/30(日)14:00開演(13:30開場)
申込 4/15(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人
②飯沢耕太郎×萩原朔美「時間を生け捕る」
日時 6/3(土)14:00開演(13:30開場)
申込 5/20(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人

6/3(土)~7/9(日) まえばし紫陽花フェスティバル 開催!

2017 年 6 月 6 日 火曜日

今年で第2回目となる「まえばし紫陽花フェスティバル」、前橋市出身の詩人 萩原朔太郎の詩「こころ」に表現される紫陽花。前橋のまちなかには、紫陽花のある風景がたくさんあります。朔太郎の「こころ」の世界観を感じながら、まちなかを散策して、イベントもお楽しみください。

②6/3(土)~26(月) Gallery artsoup 1階で紫陽花アート展 開催、11日までは「夜空と星の展示会 vol.4」も同時開催中。入場無料!

③6/30(金) 紫陽花音楽祭@前橋文学館 アコーディオン、マンドリン、箏の演奏をお楽しみいただけます!

◆カメラ好き集合!企画
④6/18(日) まえばし紫陽花美人撮影会詳細はこちら★
⑤6/19(月)~7/4(火) 前橋まちなか紫陽花写真コンテスト 応募期間
→7/7(金)~9(日) 写真展@前橋文学館
詳細はこちら★

★まえばし紫陽花フェスティバルガイドマップ 紫陽花スポットと協賛店舗のご紹介★
ガイドマップ記載の協賛店舖で「まえばし紫陽花フェスティバルガイドマップ」を提示するとお得な特典が!くわしくはガイドマップをご覧ください。

まえばし紫陽花フェスティバルガイドマップPDFはこちら★

・・・・・・
◆初日の6/3(土)は、弁天通り商店街で定期市の弁天ワッセも開催されますので、どうぞあわせておでかけください♪
①6/3(土) 広瀬川河畔アート散歩スケッチ会
当日受付可能!9:30~10:00の間に大蓮寺にて受付。
詳しくはこちらのチラシをご覧ください★
→6/7(水)~9(金) 展覧会@前橋プラザ元気21 1階ホール