イベントカレンダー

2022年に前橋市で開催される代表的なイベントをご紹介します。(日程等が決まり次第、順次更新いたします)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止または開催延期、内容の変更がされているイベントもございます。
お出かけの際はご確認の上、お出かけください。

前橋まつり【令和3年度】

前橋三大まつりの一つである前橋まつりは、戦後間も無い昭和23年に復興祭として始まり、24年から前橋商工祭、34年から前橋まつりと改められ、各町内会や企業、各種団体が参加する市民総参加のイベントです。平成7年からは「前橋だんべえ踊り」が始まりより一層活気ある祭りとなりました。

前橋初市まつり【令和3年1月9日(土)は縮小開催となります】

【開催期間】令和3年1月9日(土)
前橋三大まつりの一つである前橋初市まつり。その昔、毎月4と9の日に開かれていた六斎市(日用雑貨や生糸の市)が起源と言われており、起こりから400年を超える歴史ある前橋の冬の風物詩です。

前橋七夕まつり【令和4年度】(縮小開催)

  • (以前の七夕まつり)

    (以前の七夕まつり)

  • (以前の七夕まつり)

    (以前の七夕まつり)

  • (以前の七夕まつり)

    (以前の七夕まつり)

  • (以前の七夕まつり)

    (以前の七夕まつり)

  • (以前の七夕まつり)

    (以前の七夕まつり)

詳しくはまちづくり公社まちなか分室のWEBページにてご確認ください。
 

前橋花火大会

  • スペクトルナイアガラ

    スペクトルナイアガラ

終戦直後の昭和23年に復興祭として第1回の花火大会がおこなわれ、以後商工祭、前橋まつりのイベントとして、また夏の七夕まつりの協賛として開催されておりましたが、44年より民間の新聞社の主催で行われるようになりました。48年のオイルショックを機に暫く中断しましたが、昭和56年市民からの要望をうけ、前橋花火大会として復活。現在では毎年8月に開催されています。利根川河川敷・大渡橋周辺から、スターマインや仕掛け花火など約15,000発もの花火がおよそ2時間に渡り夏の夜空を彩ります。

令和4年度の開催につきましては調整中