‘展覧会・展示(デザイン、アート、文学、サブカルチャー)’ カテゴリーのアーカイブ

~9/26(火) アーツ前橋「コレクション展」開催中【観覧無料】! 7/21~は「コレクション+展」も

2017 年 6 月 23 日 金曜日

アーツ前橋では、地域ゆかりの作家や、展覧会などのアーツ前橋の事業に参加した作家などを中心に作品を収集しています。2016年度は新たに彫刻家の池田カオル、画家の井田秋雄、展覧会事業に関連して木暮伸也、廣瀬智央、田中青坪などの作品が収蔵されました。
本展ではその一部を紹介するとともに、アーツ前橋開館以前から収蔵している作品をあわせてご覧いただきます。

なお7月21日(金)からは、ギャラリー全室を使用して様々な鑑賞方法を紹介、作品との出会いにより新しい自分に気づき、世界が違って見えてくるというアートの魅力を伝える「コレクション+ (プラス)展」を開催予定。

 
「コレクション展」
会  期
2017年6月15日(木)~9月26日(火)
観覧料 無料

 

「コレクション+展」
会  期
2017年7月21日(金)~9月26日(火)
観覧料
一般500円、学生・65歳以上・団体(10名以上)300円、高校生以下無料

アーツ前橋
住  所 前橋市千代田町5-1-16
開  館 11時~19時(入場は閉館の30分前まで)
休館日 水曜日
電  話 027-230-1144
アーツ前橋HPはこちら★

6/25(日)前橋めぶくフェス 開催!

2017 年 6 月 21 日 水曜日

新たな魅力を知ってもらうべく、前橋市内中心に群馬県内で注目の農家や畜産農家、飲食店、インテリアショップ、クラフト作家やアーティストなどが一同に集うマーケットが開催されます。

販売のほか食材を目の前で調理してくれる企画「ギブミーベジタブル」、巨大テーブルを囲み食事をする「100人ディナー」、ギャラリーアートスープでは「めぶく」がテーマの作品展なども。商店街においしくて楽しい出会いの空間が広がります。あなたのお気に入りがきっと見つかるフェスティバルです。
出店者・イベント内容など詳しくはこちらからHPをご覧ください。

日程 2017年6月25日(日)
時間 12:00~20:00
※ギブミーベジタブルは12:00〜14:30
※100人ディナーは18:00~19:30(15:00より整理券販売、参加費1,000円)
会場 中央通り商店街、中央イベント広場(前橋市千代田町2-8-21)
主催 前橋めぶくフェス実行委員会
お問い合わせ 前橋まちづくり公社 電話027-289-5565
チラシPDFデータはこちら★

6/3(土)~7/9(日) まえばし紫陽花フェスティバル 開催!

2017 年 6 月 6 日 火曜日

今年で第2回目となる「まえばし紫陽花フェスティバル」、前橋市出身の詩人 萩原朔太郎の詩「こころ」に表現される紫陽花。前橋のまちなかには、紫陽花のある風景がたくさんあります。朔太郎の「こころ」の世界観を感じながら、まちなかを散策して、イベントもお楽しみください。

②6/3(土)~26(月) Gallery artsoup 1階で紫陽花アート展 開催、11日までは「夜空と星の展示会 vol.4」も同時開催中。入場無料!

③6/30(金) 紫陽花音楽祭@前橋文学館 アコーディオン、マンドリン、箏の演奏をお楽しみいただけます!

◆カメラ好き集合!企画
④6/18(日) まえばし紫陽花美人撮影会詳細はこちら★
⑤6/19(月)~7/4(火) 前橋まちなか紫陽花写真コンテスト 応募期間
→7/7(金)~9(日) 写真展@前橋文学館
詳細はこちら★

★まえばし紫陽花フェスティバルガイドマップ 紫陽花スポットと協賛店舗のご紹介★
ガイドマップ記載の協賛店舖で「まえばし紫陽花フェスティバルガイドマップ」を提示するとお得な特典が!くわしくはガイドマップをご覧ください。

まえばし紫陽花フェスティバルガイドマップPDFはこちら★

・・・・・・
◆初日の6/3(土)は、弁天通り商店街で定期市の弁天ワッセも開催されますので、どうぞあわせておでかけください♪
①6/3(土) 広瀬川河畔アート散歩スケッチ会
当日受付可能!9:30~10:00の間に大蓮寺にて受付。
詳しくはこちらのチラシをご覧ください★
→6/7(水)~9(金) 展覧会@前橋プラザ元気21 1階ホール

4/15(土)~7/2(日) 前橋文学館 萩原朔美の仕事展vol.1 観覧無料

2017 年 6 月 5 日 月曜日

平成28年に前橋文学館館長に就任した萩原朔太郎の孫「萩原朔美」は、映像作家、エッセイスト、写真家、演出家、俳優など多才な経歴を持っています。館長就任1周年を記念して、これまで制作に携わった映像・雑誌・オブジェとしての本、写真などが展示されます。

関連イベントとして行われる①一世を風靡した雑誌「ビックリハウス」創刊編集長だった萩原朔美と、「ビックリハウスSUPER」編集長だった榎本了壱による対談「ビックリハウス時代のビックリ話」や、②写真家・写真評論家の飯沢耕太郎との対談「時間を生け捕る」にも注目です。※ともに要事前申込

 

チラシPDFはこちらをクリック★

 

 

前橋文学館企画展 萩原朔美館長就任1周年記念
「萩原朔美の仕事展 vol.1」

会  期  2017年4月15日(金)~7月2日(日)
時  間  9:00~17:00
休館日  水曜日(5/3(水祝)は開館)
会  場  前橋文学館(前橋市千代田町3-12-10)
1階映像展示室、2階展示室、3階オープンギャラリー
観覧料  無料 ※常設展は有料(100円)
お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

関連イベントについて
①榎本了壱×萩原朔美「ビックリハウス時代のビックリ話」

日時 4/30(日)14:00開演(13:30開場)
申込 4/15(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人
②飯沢耕太郎×萩原朔美「時間を生け捕る」
日時 6/3(土)14:00開演(13:30開場)
申込 5/20(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人

~6/4(日) 前橋ポエトリーフェスティバル開催中!

2017 年 5 月 23 日 火曜日

萩原朔太郎や萩原恭次郎など、偉大な詩人の出身地である前橋で4回目となる「詩」のイベント「前橋ポエトリーフェスティバル」が開催中です。

水をテーマにした詩や写真などが展示されるほか、萩原朔太郎の詩に曲をつけて表現する演奏会やお子様向けの絵本の読み聞かせや人形劇、うた、かみしばいなどが行われます。飲食店でのコラボグルメや、5/28(日)はアーツ前橋内のロブソンコーヒーで、どなたでも参加可能のレセプション(要事前予約)も。

今年もまちなかのお店に、文学館に、本屋さんに、図書館に、カフェに、たくさんの詩が溢れます。
盛りだくさんの催しの内容や会場などこちらのHPでCHECK!
オリジナルグッズやグルメ、そのほか「まちなか」の情報も満載のfacebookもご覧ください。

前橋ポエトリーフェスティバル
開催 5/21(日)~6/4(日)
会場 前橋文学館、前橋中央通り商店街、前橋子ども図書館、煥乎堂3階 ふるほん書店ほか
お問い合わせ 芽部(新井) 090-8048-1664