‘歴史’ カテゴリーのアーカイブ

4/22(日) 「観光ボランティアガイドと一緒に歩く!大胡城を囲む史跡めぐり」参加者募集

2018 年 4 月 20 日 金曜日

歴史と文化の薫り高い、大胡氏・牧野氏ゆかりの地を、観光ボランティアガイドの解説つきで歩いてみませんか?
上毛電鉄大胡駅を出発し、大胡城跡や養林寺などの大胡氏・牧野氏ゆかりの史跡のほか、大前田英五郎の墓や昭和水難観音など大胡町に関係する歴史を巡る約4キロ(2時間~2時間半)のコースです。
参加費用は無料!詳しくはイベントチラシをご覧ください!
★大胡城を囲む史跡めぐりチラシ(PDF)はコチラ★

「大胡城を囲む史跡めぐり」
◆開催日:平成30年4月22日(日)※雨天決行
◆募集人数:先着40名<参加費無料>
◆集合場所:上毛電気鉄道大胡駅 駅舎北側
受付時間:午前9時~9時半の間にお越しください。
◆お問合せ:上毛電気鉄道株式会社 総務部 027-231-3597
◆上毛電気鉄道イベントHPはコチラ→
☆当日は上毛電鉄・春のイベント2018が開催されます!
デハ101の臨時運行や、機関車綱引き大会、グッズ販売等様々なイベントが予定されていますので、歴史巡りとあわせてお楽しみください♪

4/22(日) 第二回前橋藩主松平大和守家顕彰祭が開催!

2018 年 4 月 20 日 金曜日

前橋を治めた四藩主「前橋四公」の一角で、江戸時代末期の前橋藩主であった松平大和守家。その功績を称え、松平家ゆかりの「川越藩火縄銃鉄砲隊」による行列や御前演武、「御手杵の槍」といった『武』に焦点を当てたイベントを開催します。
当日は臨江閣にて第5回前橋四公教養講座(無料/要事前申込)も開催されます。

◆4/22 イベント開催スケジュール◆
10:00~15:30 「御手杵の槍」特別展示 ・・・ 臨江閣別館1F西洋間
13:00~14:00 第5回前橋四公教養講座 ・・・ 臨江閣別館2F大広間
14:30~15:00 鉄砲隊行列 ・・・ 臨江閣~前橋東照宮~前橋公園
15:00~15:30 火縄銃鉄砲隊 藩主御前演武 ・・・ 前橋公園芝生広場

○「御手杵の槍特別展示」では、刀匠・上林恒平作の「御手杵の槍」(写し)の完成品を初披露予定!
また、刀匠・石田四郎國壽、高橋恒厳による「銘切り」の実演と「杵型オリジナル銘切りプレート」(数量限定)の販売があります!!

○「第5回前橋四公教養講座」では『前橋長尾家の江戸時代』著者である長尾正和氏をお招きして「前橋藩・松平大和守家250年」について講演いただきます。
講座は事前申込制で、先着150名となっております。松平大和守家を通じて、前橋の歴史的魅力を知っていただける講座となっております。
★イベントのチラシ(PDF)はこちら★

◆お問い合わせ◆
イベントに関する各種詳細は、前橋市文化スポーツ観光部文化国際課の関連ページをご覧いただくか、お電話にて直接お問い合わせください。
HP:刀匠 上林恒平作「御手杵の槍」(写し)の完成品を初披露予定!「第2回前橋藩主・松平大和守家顕彰祭」を開催します
前橋市文化国際課:027-898-6992(直通)

★鉄砲隊行列の参加者募集については、定員に達したため募集を締め切りました
★当日は会場周辺の道路で「第5回前橋・渋川シティマラソン」の開催に伴い、交通規制が行われますのでご注意ください。

5/5(土・祝) 第3回産泰神社太々神楽・二之宮式三番叟・薪能まつりを開催します!【申込は3/30(金)まで!】

2018 年 3 月 14 日 水曜日

☆群馬県前橋市の2つの名古社で、日本の古典芸能を堪能しませんか☆
新緑の薫る5/5(土・祝)に、『第3回産泰神社太々神楽・二之宮式三番叟・薪能まつり』が開催されます。

第1部では安産・子育てのご利益を求めて県内外から多くの参拝者が訪れる「産泰神社」において、古くから伝わる出雲流の「太々神楽」が上演され、第2部の 「二宮赤城神社」では、悪霊を鎮め、国土安泰・天下泰平・五穀豊穣を祈願する農村神事「式三番叟」と、かがり火を焚いての幻想的な情景の中での狂言「棒縛」、能「土蜘蛛」が披露されます。
観覧には事前申し込みが必要となります。(観覧申込締切:平成30年3月30日(金)消印有効・先着順)

また、産泰神社・二宮赤城神社の両方のご朱印を押印された方に、先着100名限定で地元農産物がもらえる特典や、前日または当日に市内に宿泊される方には優待特典などもご用意しております。

申込み方法・各種特典の詳細については、チラシPDFまたは前橋市HP内のご案内ページをご覧ください。
チラシPDF:産泰神社太々神楽・二之宮式三番叟・薪能まつりチラシ
前橋市HP : 「第3回産泰神社太々神楽・二之宮式三番叟・薪能まつりを開催します!」

◆第一部◆産泰神社太々神楽
会場 産泰神社(前橋市下大屋町569)
時間 13:00~14:00(開場12:00)
演目 能舞「羽衣」・太々神楽
定員 100名(先着)

◆第二部◆二之宮式三番叟・薪能まつり
会場 二宮赤城神社(前橋市二之宮町886)
時間 15:30~19:00(会場14:00)
演目 二之宮式三番叟、狂言「棒縛」、能「土蜘蛛」
定員 400名(先着)

◇アクセスについて◇
車:北関東自動車道 伊勢崎ICから約10~15分、または波志江スマートICから約10分 ※無料駐車場あり
公共交通:各神社へJR前橋駅からバスで行くことは可能ですが、イベント終了の19:00以降、お帰りの便がございません。
最寄駅のJR駒形駅までは、タクシーで約10分
※2つの神社間の移動用バスはございません。

【臨江閣 ライトアップ】 2018年12月末日まで期間延長!

2018 年 3 月 8 日 木曜日

初代県令 楫取素彦、郷土の詩人 萩原朔太郎ゆかりの【臨江閣】、ライトアップ期間が2018年12月末日まで延長されました!

ライトアップアーティスト:髙橋匡太氏によるもので、臨江閣が完成した明治43年頃に流行した、新橋色(みどりがかった青)や茄子紺色などの色を使用して、 製糸産業が発展した「糸のまち」前橋が表現されています。


詳しくはこちらから前橋市からのお知らせをご覧ください。

1/6(土)~16(火) 東国千年の都【古代上野(こうずけ)の記憶】文化財展 前橋プラザ元気21【入場無料】

2018 年 1 月 4 日 木曜日

「東国千年の都」と題して毎年、テーマごとに様々な展示を実施している「前橋・高崎連携事業文化財展」。
今年度は古代の寺院・仏教と官衙(かんが)がテーマ。上野国府が置かれ中央政権の一翼をになっていたり、国分寺、国分尼寺が置かれ宗教の中心となっていたりと古代の礎を築いた前橋・高崎の寺院と役所について紹介されます。
なお、前橋会場で14日(日)13:30~、高崎会場で21日(日)・28日(日)13:30~展示物の解説などのギャラリートーク(申込不要)が行われます。
1月9日(火)の前橋初市まつり当日も開催しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

【入場無料】

チラシPDFはこちらをclick☆

 

 

前橋会場
期間 2018年1月6日(土)~16日(火)
時間 9:00~18:00
場所 前橋プラザ元気21 1階 にぎわいホール(前橋市本町2-12-1)
問い合わせ 前橋市教育委員会事務局文化財保護課
電話 027-280-6511

高崎会場
期間 2018年1月20日(土)~29(月)
時間 9:00~18:00
場所 高崎シティギャラリー 2階 第6展示室(高崎市高松町35-1)
問い合わせ 高崎市教育委員会事務局文化財保護課
電話 027-321-1292

☆前橋・高崎連携文化財展とは・・
前橋市と高崎市。両市の所有する文化財を広く紹介し、多くの方に文化財への理解を深めてもらおうと、平成19年度より毎年テーマを変えて両市それぞれの会場で継続開催しているもの。