‘萩原朔太郎’ カテゴリーのアーカイブ

9/16(土) 『月に吠えらんねえ』清家雪子×萩原朔美 館長 対談★8/19(土)より電話受付開始!

2017 年 8 月 18 日 金曜日

『月に吠えらんねえ』展の関連イベントとして、コミック『月に吠えらんねえ』の著者・清家雪子さんと、萩原朔太郎の孫であり、演出家、エッセイストでもある前橋文学館 萩原朔美 館長の対談イベントが行われます。対談では『月に吠えらんねえ』の世界について語るそうです。
事前申込制となっております。お申込みは、明日8月19日(土)より、お電話にて前橋文学館まで。

期  間 2017年09月16日(土)
※前橋文学館 無料開放日
時  間 14:00~
会  場 前橋文学館3階ホール(前橋市千代田町三丁目12-10)
※お車でお越しの場合は市営パーク城東をご利用の上、駐車券をお持ちください。文学館利用者は駐車券に割引き処理あり。
定  員 先着100名
入場料 無料
お申込み・お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

7/8(土)~10/9(月祝) 『月に吠えらんねえ』展 7/22(土)~詩集『月に吠える』刊行100年記念展

2017 年 7 月 25 日 火曜日

萩原朔太郎の第一詩集『月に吠える』。日本近代詩史における一つの事件と言えるこの詩集の刊行100年を記念して、詩集『月に吠える』刊行100年記念展が7/22(土)より始まります。
『月に吠える』はどのように刊行されたのか、どのような詩集だったのか、今後どのように読まれていくのか。現在まで続くその影響と意義を資料からご覧いただくと共に、『月に吠える』の世界を体感してください。

あわせて、『月に吠えらんねえ』展が開催されます!
近代詩、短歌、俳句の各作品から受けた印象より萩原朔太郎をはじめとした作者をキャラクター化した清家雪子氏のコミック『月に吠えらんねえ』展が、100年記念展に先駆けて7/8(土)から開催されます!
萩原朔太郎の詩作品をキャラクター化した主人公の「朔くん」を始め、個性的なキャラクターたちによって展開される幻想的な物語を展示でご堪能ください。

◇詩集『月に吠える』刊行100年記念展
2017年7月22日(土)~10月9日(月祝)
観覧料 一般300円(常設展とのセット)、高校生以下無料
※展覧会初日7/22(土)、記念イベント開催日7/29(土)、開館記念日9/2(土)、前橋まつり10/7(土)8(日)は観覧無料

◇『月に吠えらんねえ』展 ※入場無料
2017年7月8日(土)~10月9日(月祝)
入口の受付で、朔太郎さんとさ朔くんがお出迎え♪

チラシPDFデータはこちらをクリック★

場所 前橋文学館
    (前橋市千代田町三丁目12-10)
問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

7/6(木)~9(日) 第67回前橋七夕まつり開催!

2017 年 6 月 26 日 月曜日

いよいよ来週木曜からは、前橋の夏の風物詩のひとつ「前橋七夕まつり」!前橋中心商店街の各通りが、地元商店街や市民による工夫をこらした華やかな七夕飾りで彩られます。もちろんステージなど催しも盛りだくさんです。

今年も「ゆかた」で七夕気分を盛り上げてもらおう!と、無料着付けサービス(土日のみ)や、浴衣姿でマップ掲載店にて買い物などをするとチョットお得サービスが受けられるなどの企画を今年も実施します。ぜひ涼やかな浴衣姿でまつりをお楽しみください。

会場周辺道路は混雑が予想されます。なるべく公共交通をご利用ください。
なお、7/8(土)・9(日)は、ヤマダグリーンドーム前橋第6駐車場(無料)から、まつり会場まで「無料おまつりバス」が運行しておりますのでご利用くださいませ。

七夕まつり会場で行われるイベントの案内や、ステージスケジュール、交通規制・駐車場・トイレなどを掲載しているガイドパンフレットを前橋市役所や前橋プラザ元気21をはじめとする市有施設、前橋商工会議所、前橋駅構内観光案内所、けやきウォーク前橋などで配布しています。ぜひご覧になって前橋七夕まつりを存分にお楽しみください。

WEBサイトでもご覧いただけます↓↓
◆前橋商工会議所 前橋七夕まつり公式サイト
◆前橋観光コンベンション協会HP内七夕まつりページ

6/15 広瀬川・馬場川アジサイ開花情報「まえばし紫陽花フェス開催」

2017 年 6 月 15 日 木曜日

まえばし紫陽花フェスティバル開催中の「まちなか」では、アジサイが見頃になってきました。
前橋文学館前の広瀬川河畔緑地 と 馬場川通り の6/15の様子です。

広瀬川の交水堰の辺りはとても涼やかで気持ち良く、川の流れと柳、アジサイのコラボレーションがステキです。
馬場川通りのアジサイは、人の背ほど巨大で、花付きもよく見ごたえがあります。


紫陽花フェスティバルについてはこちら★

4/15(土)~7/2(日) 前橋文学館 萩原朔美の仕事展vol.1 観覧無料

2017 年 6 月 14 日 水曜日

平成28年に前橋文学館館長に就任した萩原朔太郎の孫「萩原朔美」は、映像作家、エッセイスト、写真家、演出家、俳優など多才な経歴を持っています。館長就任1周年を記念して、これまで制作に携わった映像・雑誌・オブジェとしての本、写真などが展示されます。

関連イベントとして行われる①一世を風靡した雑誌「ビックリハウス」創刊編集長だった萩原朔美と、「ビックリハウスSUPER」編集長だった榎本了壱による対談「ビックリハウス時代のビックリ話」や、②写真家・写真評論家の飯沢耕太郎との対談「時間を生け捕る」にも注目です。※ともに要事前申込

 

チラシPDFはこちらをクリック★

 

 

前橋文学館企画展 萩原朔美館長就任1周年記念
「萩原朔美の仕事展 vol.1」

会  期  2017年4月15日(金)~7月2日(日)
時  間  9:00~17:00
休館日  水曜日(5/3(水祝)は開館)
会  場  前橋文学館(前橋市千代田町3-12-10)
1階映像展示室、2階展示室、3階オープンギャラリー
観覧料  無料 ※常設展は有料(100円)
お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

関連イベントについて
①榎本了壱×萩原朔美「ビックリハウス時代のビックリ話」

日時 4/30(日)14:00開演(13:30開場)
申込 4/15(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人
②飯沢耕太郎×萩原朔美「時間を生け捕る」
日時 6/3(土)14:00開演(13:30開場)
申込 5/20(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人