‘萩原朔太郎’ カテゴリーのアーカイブ

4/15(土)~7/2(日) 前橋文学館 萩原朔美の仕事展vol.1 観覧無料

2017 年 4 月 13 日 木曜日

平成28年に前橋文学館館長に就任した萩原朔太郎の孫「萩原朔美」は、映像作家、エッセイスト、写真家、演出家、俳優など多才な経歴を持っています。館長就任1周年を記念して、これまで制作に携わった映像・雑誌・オブジェとしての本、写真などが展示されます。

関連イベントとして行われる①一世を風靡した雑誌「ビックリハウス」創刊編集長だった萩原朔美と、「ビックリハウスSUPER」編集長だった榎本了壱による対談「ビックリハウス時代のビックリ話」や、②写真家・写真評論家の飯沢耕太郎との対談「時間を生け捕る」にも注目です。※ともに要事前申込

 

チラシPDFはこちらをクリック★

 

 

前橋文学館企画展 萩原朔美館長就任1周年記念
「萩原朔美の仕事展 vol.1」

会  期  2017年4月15日(金)~7月2日(日)
時  間  9:00~17:00
休館日  水曜日(5/3(水祝)は開館)
会  場  前橋文学館(前橋市千代田町3-12-10)
1階映像展示室、2階展示室、3階オープンギャラリー
観覧料  無料 ※常設展は有料(100円)
お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

関連イベントについて
①榎本了壱×萩原朔美「ビックリハウス時代のビックリ話」

日時 4/30(日)14:00開演(13:30開場)
申込 4/15(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人
②飯沢耕太郎×萩原朔美「時間を生け捕る」
日時 6/3(土)14:00開演(13:30開場)
申込 5/20(土)9:00~前橋文学館へ電話で
定員 申込順 先着100人

萩原朔太郎『月に吠える』刊行100周年!前橋文学館で人気投票受付中!

2017 年 4 月 12 日 水曜日

1917年2月15日、今から100年前、萩原朔太郎の初めての詩集「月に吠える」が刊行されました。感情の奥底を鮮烈な口語で表現し、詩壇に大きな影響を与えたと位置づけられている「月に吠える」。

前橋文学館では、現在「月に吠える」詩編の人気投票を受け付けております!どうぞご参加ください。
まだ読んだことのない方は、ぜひこの機会に彼の詩に触れてみてください。

投票:前橋文学館HP内の投票受付ページから、ご投票ください。

写真:萩原朔太郎 『月に吠える』 水と緑と詩のまち前橋文学館 提供
(この本の装丁も朔太郎自身が手掛け、イラストも彼によるものです。)

同HP内、前橋文学館ブログには、初めての詩集の発刊を前にした朔太郎が、前橋市内の老舗書店「煥乎堂(かんこどう)」の高橋元吉へ宛てた手紙が紹介されており、初の詩集発刊を前に高揚する朔太郎の気持ちが伝わってきます。
前橋文学館HPはこちら★
お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011

4/8(土) 萩原朔太郎記念館(朔太郎生家) 一般公開スタート

2017 年 4 月 7 日 金曜日

敷島公園にあった萩原朔太郎の生家が、前橋文学館の目の前、広瀬川を挟んで向かいへ移築復元を完了し、明日4月8日(土)から一般公開されます!
4月8日は、オープニング式典が行われるほか、マンドリン演奏会もお楽しみいただけます。広瀬川沿いの桜も満開です。お花見も兼ねてぜひお出掛けください。
なお、当日、萩原朔太郎記念館に来館された方には、朔太郎の絵葉書セットのプレゼントもあるそうです♪
◆前橋文学館HPはこちら◆

萩原朔太郎記念館(萩原朔太郎生家)
〇オープニング式典
 日時:平成29年4月8日(土) 10:00~10:30
 場所:朔太郎橋上、記念館前(雨天の場合は、文学館内)
〇前橋マンドリン楽団による朔太郎ゆかりの曲のマンドリン演奏会
 日時:平成29年4月8日(土) 10:30~(式典終了後)

4/9以降の開館について
開館 9:00~17:00
休館日 水曜日(祝日を除く) 

3/26(日) 「第一回文学フリマ前橋」 初 開催!

2017 年 3 月 1 日 水曜日

既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず、プロアマの垣根を越え、形式やジャンルも問わず、自由な表現方法によって文学を発表する展示販売会「文学フリマ」が前橋で行われます。北関東では初開催です!
全国各地から「ここだけ」の作品が集まります。様々な感性に触れることができるフリマに出かけてみては?


写真提供:文学フリマ(撮影・山本純)

「第一回文学フリマ前橋」 入場無料
日 時:2017年3月26日(日)  11:00~16:00
場 所:前橋プラザ元気21 1階にぎわいホール (前橋市本町二丁目12-1)
主 催:文学フリマ前橋事務局
問合わせメールアドレス:maebashi@bunfree.net
◇文学フリマ HP◇ 

前橋プラザ元気21へのアクセスはこちらをご覧ください。

会場の前橋プラザ元気21、2階の連絡通路にはこれまで各地で開催された「文学フリマ」のポスターも展示されています♪
文学フリマとは?

1/21~3/18 前橋文学館 企画展「はじめて出逢ったあの日へ 教科書の中の萩原朔太郎」

2017 年 1 月 13 日 金曜日

誰もが教科書の中で出逢った萩原朔太郎。

戦後、現在の教科書制度になってから、萩原朔太郎の詩や詩論は、400を越える高校の教科書に採用されており、その作品数は50編を越えます。
朔太郎は、国民詩人の一人として、ひろく読み継がれているのです。
本展では、教科書掲載の朔太郎作品を初出の教科書やパネル、原稿での展示と、あわせて1950年代から現在までの代表的な文学作品等を時代背景として展示します。
あなたはどの教科書で、どの萩原朔太郎の詩と出逢っていますか。

日程  2017年1月21日(土)~3月18日(土)
     ★3/14まで「特別企画展 第24回萩原朔太郎賞受賞者展覧会 日和聡子「びるま」から「砂文」まで」同時開催
時間  9:00~17:00 (入館は16:30まで)
場所  前橋文学館 2階展示室(前橋市千代田町3丁目12-10)
【観覧無料】 但し、特別企画展・常設展示の観覧は有料(300円、中学生以下無料、1/15(日)と2/25(土)は無料)
お問い合わせ 前橋文学館 電話027-235-8011