‘伝統行事・芸能’ カテゴリーのアーカイブ

前橋市役所1階ロビーにて、警視庁捜査第一課から返納された「だるま」を展示しています!

2017 年 12 月 27 日 水曜日

12月26日に前橋市役所秘書課応接室にて、警視庁捜査一課より山本市長へだるまが返納され、同日より市役所1階ロビーに展示されています。
この「だるま」は、警視庁が舞台となったTBSテレビ番組「七人の刑事」(昭和36~44年放映)に出てきた小料理屋「ひさごや」に「だるま」が飾られていたことや、前橋高校出身の俳優・天田俊明さんが刑事役であったことから、事件解決、治安安全・安心、平安祈願のため、ドラマで舞台となった警視庁捜査第一課に、毎年、前橋観光コンベンション協会により贈呈され、年末に返納されているものです。
だるまの背中には、今年解決した事件名が書き込まれており、今年は14件の事件名が書き込まれています。
返納された「だるま」は、1月9日(火)に開催される初市まつりのお焚きあげにて浄化されます。

だるま返納後、警視庁捜査一課の方にはリニューアルした臨江閣をご見学いただき、前橋の文化財や歴史にもふれていただきました。

12/9(土) 天明寺・白菜加持

2017 年 11 月 15 日 水曜日

前橋市池端町の天明時で、毎年、12月の第2土曜に行われております『白菜加持(はくさいかじ)』が、今年も盛大に行われます。
天の恵み、大地の恵みを受け農家の方々が丹念に育てた野菜の象徴としてご奉納された白菜などの野菜をお不動さまの清浄な火でお加持いたします。山伏たちが無病息災を願って護摩を焚きあげ、火渡りをおこないます。
また、お焚き上げもいたしますので不要なお札やお位牌、古塔婆をお持ちください。
開催日:平成29年12月9日(土)
時  間:午前10時~
場  所:天明寺 境内(群馬県前橋市池端町503)

8/26(土)27(日) 月田近戸神社秋季祭(月田のささら)

2017 年 8 月 14 日 月曜日

月田近戸神社秋季祭は、前橋市粕川町月田地区で室町時代(永享5年1433年)より約600年続く伝統行事。通称「月田のささら」とよばれ、獅子3頭、笛掛り6名、歌掛り4名からなる獅子連と万灯掛り2名が付き、地区内で獅子舞が繰り広げられます。

2日目の祭りの最後に舞う、1頭の雌獅子を雄獅子が奪い合う「雌獅子隠し」は、スピード感もあり、写真愛好家の人気も高い伝統芸能のひとつでもあります。
※文化庁表彰、群馬県重要無形民俗文化財に指定。
また、粕川温泉元気ランド西の外宮で濁り酒を流す「お川降り神事」が、粕の流れる川ということで『旧・粕川村』の名前の由来となっているそうです。

開催 平成29年度8月26日(土)・27日(日)
場所 月田近戸神社(前橋市粕川町月田1261)ほか
※アクセス等詳細は、文頭のリンクからHP内、月田近戸神社秋季祭ページをご覧ください。
お問合せ 前橋市粕川支所 電話027-285-4111

8/19(土)臨江閣開館記念事業「まえばし和の文化の集い」開催

2017 年 8 月 1 日 火曜日

1年間にわたり、耐震改修や屋根の葺き替え工事などを行っておりました臨江閣で、9/1の一般公開にさきがけ、8/19(土)に臨江閣開館記念事業「まえばし和の文化の集い」が開催されます!
群馬を代表する民謡「八木節」の演舞をはじめ、茶道・花道・邦楽・日本舞踊などの「和の文化」の公演や展示が行われます。
オープニング式典の後には、臨江閣別館2階大広間にて記念講演会や臨江閣リニューアルオープン記念コンサートも開催♪
新しくなった臨江閣で、伝統と文化に触れてみてはいかがでしょうか。 当日は茶室の開放もありますので、ぜひご見学ください。

★記念講演会★ テーマ「臨江閣の建築」
9:20~10:00 臨江閣別館2階大広間
講師:村田敬一氏(臨江閣整備委員・群馬県文化財保護審議会副会長)

★記念コンサート★臨江閣リニューアルオープン記念コンサート~大正浪漫から世界平和を祈って~
10:15~11:45 臨江閣別館2階大広間 出演者:角田和弘氏(テノール)他

※当日の茶席については、数に限りがございますので、定数になり次第終了となります。
※前橋公園以外の駐車場は利用時間が17:30までとなっておりますので、その後の利用はご遠慮ください。時間になりましたら施錠となります。

◎イベント概要◎ 開催:8/19(土) 8:45~16:00
会場:臨江閣(前橋市大手町三丁目15番地)
問い合わせ先:前橋市文化協会事務局(昌賢学園前橋ホール<前橋市民文化会館>内)/℡:027-221-4321
★チラシPDFはこちら★

7/29(土)・30(日) 大胡祇園まつり開催!2日目は暴れ獅子登場!

2017 年 7 月 1 日 土曜日

古くから栄えた赤城南麓の大胡(おおご)町で約170年続く伝統ある「夜まつり」。江戸時代末期に流行した疫病を駆除しようと、天王様と暴れ獅子が町を練り歩くようになったのが起源とされています。
初日に神迎えをし、2日目には天王様の渡御が行われ、夕方から名物の「暴れ獅子」が登場、その名のとおり荒々しく町中を練り歩き、厄払いをする勇壮な姿は一見の価値あり!
そのほか山車や八木節、上州大胡風神太鼓、ご当地「だんべぇ踊り」など見どころ盛りだくさんです。ぜひお出掛けください。

※駐車場はございますが駐車可能台数が多くありません。なるべく公共交通をご利用ください。
上毛電気鉄道 大胡駅から会場まですぐです。前橋側始発駅 中央前橋駅近隣には有料駐車場が多数あります。

日程 2017年7月29日(土)・30日(日)
時間 16:00~22:00
会場 上毛電気鉄道 大胡駅周辺(JA前橋市 大胡支所広場 等)
※暴れ獅子の練り歩きは30日(日)19:00過ぎから
  詳しくはチラシのタイムスケジュールをご覧ください。
協会HP前橋まるごとガイド内紹介ページ
大胡祇園まつり実行委員会事務局(前橋市大胡支所内)
電話 027-283-1111