マエバシ 〇〇 ライナーノーツ

”前橋産”花火を創り出す花火工房

夏の夜空にきらめく光のアート・花火。前橋市で花火大会が開催されるようになったのは、1948年、前橋市街地を襲った空襲から3年後のこと。元来は街の復興を願って打ち上げられた花火ですが、現在ではお祭りのように前橋市を活気づけてくれる「夏の風物詩」として楽しまれています。

2024年8月10日(土)に開催される、第68回前橋花火大会。そこで披露される花火は、どんな人たちによって作られているのでしょうか。市内に工房をかまえ、“前橋産”の花火を作り続ける花火工房に取材を行いました。

前橋産花火を創り出す花火工房



前橋市南東、のどかで見晴らしのいい東大室町。ここ上州花火工房は、1857(嘉永7)年に創業し150年以上の歴史をもつ蟻川銃砲火薬店(千代田町)が2016年にはじめた、花火の製造と打ち上げを行なっている会社です。同工房の作る花火はニューイヤー駅伝やスキー場のオープニングセレモニーなど様々な場面で活躍しているほか、例年開催されている前橋花火大会には花火作り・打ち上げのほかに企画構成でも関わるなど、「前橋の夏」にとって欠かせない存在になっています。
  
撮影:酒井正弘

上州花火工房が特にこだわるのは、花火の「色」。狙った色を出すのがとても難しいと言われる花火の世界で、夜空の暗さに負けない鮮やかな光を自由自在に表現するさまは、まるで魔法のよう。「上州花火工房に出せない色はない」と、業界でも注目されています。