遠見山古墳

とおみやまこふん
総社古墳群の中で最も古い古墳

遠見山古墳は墳丘全長88mを測る大型の前方後円墳で、主体部は竪穴式石室と考えられます。円筒埴輪などが出土しており、周辺では人物埴輪なども採集されています。周掘の底には6世紀初頭の榛名山の噴火で噴出した火山灰が積もっており、出土した埴輪の年代などから、古墳の築造時期は5世紀後半と考えられ、総社古墳群の中で最も古い古墳です。本古墳はこの地域の開発に成功した豪族の墓と考えられます。

カテゴリ
歴史・史跡
タグ
#歴史 #古墳
住所 〒371-0852 群馬県前橋市総社町総社給人城川1410
電話番号
  • 027-280-6511(前橋市文化財保護課)