上野国分寺跡

こうづけのこくぶんじあと
古代の群馬の中心地

645年の大化の改新以降、古代の律令国家は、全国を60余りのに国に区分し、大国、上国、中国、下国の4等級に格付けしていました。上野国(現在の群馬県)は最上位の大国で、この国府(国を治めた役人の館や兵士の宿舎、市、学校などが集積していた場所)が現在の前橋市に置かれていました。その後、奈良時代の天平13年(741年)、聖武天皇は国ごとに僧寺と尼寺を造ることを命じました。これが国分寺で、後に僧寺が「国分寺」と言われるようになりました。
現在、復元された塔や金堂の基壇、版築で復元された築垣がご覧いただけるほか、ガイダンス施設「上野国分寺館」で概要を学ぶこともできます。

カテゴリ
歴史・史跡
住所 〒370-3517 群馬県高崎市引間町247
電話番号
  • 027-280-6511(前橋市文化財保護課)
備考国指定史跡