初代市長の思いをつなぐ城跡公園

楽歩堂前橋公園は、明治38年日露戦役の記念を兼ねて建設された市内最初の公園で、とうとうと流れる利根川を眼下にし、榛名山・浅間山・妙義山の山並みを望む絶景の場所にあります。園内には昭和34年、皇太子殿下のご成婚を記念して鶴舞う形の群馬県をかたどった「さちの池」をはじめ、芝生広場・中央児童遊園(るなぱあく)などがあり、市民の憩いの場として多くの方々に親しまれています。
前橋城の遺構である土塁上に植えられた桜は、ここを桜の名所にと、前橋の初代市長「下村善太郎」の寄付により植えられたもの。

住所 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-16-1
電話番号
  • 027-231-0002(楽歩堂前橋公園管理センター)
  • 027-225-2116(公園管理事務所(日本庭園の使用申請についての問い合わせ))
公式サイト
営業時間常時(日本庭園は9時から17時)
休業日年中無休(日本庭園は年末年始)
料金無料(一部施設利用は有料)
交通アクセス(車)関越自動車道前橋ICから約15分
交通アクセス(公共)JR前橋駅より徒歩30分。上毛電鉄中央前橋駅より徒歩20分。
群馬中央バス・日本中央バス・関越交通バス「前橋公園」下車、3分。マイバス「北循環10・臨江閣前」下車、1分。
駐車場220台
備考※じゃぶじゃぶ池は土日祝日および夏休み期間のみ(10:00~16:00)