萩原朔太郎生家跡

はぎわらさくたろうせいかあと
生家跡の碑に配置図が残る

萩原朔太郎は1886年(明治19年)11月1日「萩原病院」の長男としてこの地に誕生しました。往時の「萩原朔太郎生家」の配置図が生家跡の碑の横に示されています。「病棟部分」は1960(昭和35)年に撤去されたが、「母屋」をはじめ主要建物は1968(昭和43)年12月までこの場所に存在していました。

エリア
前橋駅徒歩圏内
カテゴリ
歴史・史跡
住所 群馬県前橋市千代田町2-1

この周辺の観光スポット

このページを見ている人は、こんなページも見ています